NEWS

TALKIN' ON SUNDAY 12月20日

番組から
2020/12/20

「BETTER LIFE」 

このコーナーは、よりよい人生を、そして、その“終わり”を追求する為のアドバイスを、相続問題はもちろん、健康、医療、看護など様々な分野の専門家に伺うコーナーです。

今月12月の講師は、番組ではおなじみとなりました、みなとアセットマネジメントの向井啓和さんをお迎えしました。

■今週は「リースバック」のデメリットについてお伺いしたいのですが...

リースバックは契約書の内容をしっかりと把握する必要があり、そこがデメリットと言えるとおもいます。

賃貸契約には、普通借家契約と定期借家契約の2種類あります。

普通借家契約は更新があるものの、ずっと住むことができ、定期借家契約は3年、5年と借りられる期間が決まっているものです。

■借りるときはどちらの契約か決められるのでしょうか?

もちろん決めることができますが、リースバックをすることを考えると、定期借家契約の方が高く契約できます。

3年後に売られることが決定している方が、契約しやすいからです。

普通借家契約はいつ売却されるのかわからないため、値段が高くなりづらいです。

---

リースバックの詳しい情報につきましては「マイホームだけは守らナイト」までお電話ください。

0120-072-182 までお問い合わせください。


みなとアセットpresents SUCCESSION〜Handing Over The Torch〜 

今週は、先週に引き続き山形県出身のシンガーソングライターの朝倉さやさんをお迎えしました。

■朝倉さんは民謡日本一に2回も選ばれていますが、山形の民謡で日本一になったんですか?

全国にはいろんな民謡がありまして、どんな曲を歌ってもいいのですが、私は山形の「新庄節」という曲を歌いました。

民謡って楽譜で広がったものでもないので、歌い方もそれぞれです。先生やお師匠をみつけて自分なりの歌い方を模索していかなければいけません。

■朝倉さんが自分の曲を作るときに民謡とポップスのバランスなどは考えていますか?

民謡とポップスのどっちの良さも入れたいと思っています。

民謡というのは明確なリズムが決まっておらず、歌い手にリズムが合わせるという手法なので、民謡を拍に合わせると新しい発生があったり、歌詞の強調だったり、いろんな研究をしながら作っています。

■朝倉さんのYouTubeを見ているとスピッツの「ロビンソン」を山形弁で歌ってみたりと、おもしろい動画もあがっていますね。

スピッツさんが本当に好きなんですけど、山形弁で歌うと歌詞にでてくる景色が全部山形で想像されて、さらに好きになっちゃいました(笑)

これからもいろんな曲をアップしていきたいですね!

■来年、2021年はどんな一年にしたいですか?

2020年はライブができない分、力を貯めるような一年になりました。

あとは動画も編集できるようになったり、いろんなことができるようになった一年になりました。

来年はいろんなことを、多くの人に披露できたら嬉しいですね!


朝倉さやさんの詳しい情報は、ホームページをチェックしてくださいね!

朝倉さや オフィシャルHP

---

12/20(日)7am - 8am

TALKIN' ON SUNDAY

DJ: 古家正亨

メール: tos@interfm.jp

ハッシュタグ: #トーク日曜

番組をradikoタイムフリーで聴く▼

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20201220070000