NEWS

全幅の信頼

番組から
2021/06/06

2021年6月6日、ある事を僕はある人の決断に委ねる事にした。

ある事とは何か?

それはThe Room COFFEE & BARの新メニューの試飲。


新メニュー導入の際は必ず僕がテイスティングする事になっていたが、6月6日は、Billboard Live TokyoでThe Room 28周年記念イベントがあり、朝の10時入りなので明日の試飲には同席できないのだ。


だから、そのメニューの導入を判断する決断をある人に委任した訳だ。

で、そのある人とは誰か?

それは、The Roomで行われているDJ KAWASAKIのイベント、Magneticのレギュラーメンバーの磯崎泰一。


そして、彼は、The Room COFFEE & BARの立ち上げにトレーナーとして参加してくれたバリスタ。


The Room ProjectのメンバーとしてThe Room COFFEE & Barにアドバイスをくれているだけでなく、レギュラーDJとして月一で回してもいる。


これまでもThe Room COFFEE & BARの様々な判断に彼の意見を求めたのは事実。

ただ、クリエイティヴ・ディレクターの僕とプロデューサーの林正勝氏が最終的にジャッジして来た。


今回は林氏も不参加の為、新メニューの可否は磯崎君に委ねられる!

そう、全幅の信頼。


さて6月6日は、『The Room Radio』の放送日でもある。

奇しくも、The Room本店GM冨永が抜擢したのは、磯崎泰一。

しかも、二度目の登場。


The Room本店、そして、The Room COFFEE & BARの両店で継続的に活動しているのは実は彼だけなのだ(冨永は壁面のプロデュースと豆のブレンドを担当するもいまだDJとしてはブッキングされておらず、僕はThe Roomのオーナーではあるけれど、現在、本店でレギュラー・イベントはない)。

まさに重要人物。


音楽性は、冨永とも僕とも違うけれど、それだけに貴重な人材だと言える。


現在、オリジナル・トラックの製作中だけに昨年音源をリリースした本店のEndo Naoに続いてデビューも期待されている。


果たしてThe Room本店とThe Room COFFEE & BARを繋ぐ男が我々に提案する音楽とは如何なるものなのだろうか?


沖野修也


ISOZAKI TAICHI (BEDLIGHT UNION / MAGNETIC)

・DJ EVENT ” Bedlight Union @ The Room ”オーガナイザー

・CITAN " Weekend Lounge DJ " regular DJ

・MAGNETIC regular DJ

高校卒業後、ロサンゼルスに留学。

日本のレコード店バイヤーのアテンドなどを経験しながら、自身もレコードの収集を始める。

帰国後、地元茨城県にてUnderground HipHopやBreak Beatsを中心にDJを行う傍、東日本橋のHostel CITAN の立ち上げに携わり、DJ 沖野修也氏と出会う。

様々なDJの影響を受けながら、Jazz, Disco, Soul, Nu Jazz, houseと、多様なジャンルを経験し主にレコードを中心にPlayしている。


現在、沖野修也氏がオーナーを務める渋谷のクラブ” The Room “にて、DJ KAWASAKI、DJ社長 (SOIL & “Pimp” SESSIONS)がレジデントを務める月一イベント”MAGNETIC “にレギュラー出演。

また渋谷の新たなランドマークとして、渋谷ストリーム1FにオープンしたThe Room Coffee & Barの立上げ監修をするなど多岐にわたり活躍中。

---

6/6(日)4pm - 5pm

The Room Radio

DJ: kent niszw

番組をradikoで聴く▼

https://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20210606160000