NEWS

6/21(金) TOKYO SCENE avec RJHH

番組から
2019/06/21

Bonsoir (こんばんは) le Japon, Real Japanese Hip Hop のロジェです!!! InterFM897、Tokyo Scene avec Real Japanese Hip Hopへようこそ。今夜は第29回の放送になります。先月、僕たちが日本に滞在している間に開催した渋谷総会に集まってくださったアーティスト、DJ、関係者諸賢、フォロワーの皆さん、本当にありがとうございました!配布したマガジンからバージョンアップしたRJHHマガジンを携え、また秋に伺いますので、今後ともよろしくお願いいたします!

来週はDJ KEKKE とDJ BANJOがパリ入りし、Real Japanese Hip Hop Live Partyが行われます。

詳細を僕たちのサイトやSNS等でお知らせしていきますので、チェック宜しくお願いします!

今夜もRJHHメンバー全員でヒップホップど真ん中 ~ 新感覚ヒップホップまで、選りすぐりのプレイリストをご用意致しておりますのでここから約30分間、最後までどうぞお付き合いください。

今夜のOP曲は、ZORNの「My Love」。先月29日に発表されたZORNのアルバム『LOVE』収録曲です。RJHHのサイトでも追って来たアーティストで、ビデオレビューでも触れてきました。AKLOとの「A to Z TOUR」についてRJHHとのインタビューの中でも、AKLOに話を聞くことができましたのでチェックしてみてください。

ZORNプロフィールについては、ディスコグラフィーと共にフランス語版アーティストファイルとしてまとめています。では、ZORNの「My Love」でTokyo Scene avec Real Japanese Hip Hop第29回スタート!

My Love / ZORN

次に二曲続けてお聴きいただく一曲目は、神奈川県川崎市から全国のヒップホップシーンへの躍進をみせ、話題を呼び続けている"BAD HOP"。MCのVingo、Bark、G-k.i.dがタッグを組んだ1st MIXTAPE『REDRUM』から、「MerryGoRound」をお聴きいただきます。このMIXTAPEは、三人各自のソロ楽曲を含む全12曲で、三人三様の持ち味がそれぞれに活かされながら3 MCの醍醐味も存分に味わえる曲で構成され、USトレンドに引けを取らないクオリティーを今の日本語ラップ・プライドで聴かせてくれます。実に聴き応えありです!

そのままお聴きいただくのは、ちゃんみなの「NEVER」です。ちゃんみなはバレリーナを仕事にしていた母親の影響で3歳からバレエ、ピアノ、ヴァイオリンなどを習っており、小学校低学年のころHiphopに目覚め、Hiphopダンスを習う方に移行。高校生の頃からラップのリリックを書くようになっていったそう。動画で彼女のフリースタイルバトルも観ました。どんなスタイル、ビートにも対応し、Hiphophaはもとより、RnB、POPにも余裕で対応するキャパシティーを持つ、才能とパワーにあふれたアーティストです。これまでに『未成年』というアルバムを2017年に発表しています。今年2月27日発売の4曲入初シングル『I’m a Pop』から「NEVER」をお聴きいただきます。

MerryGoRound / Vingo, Bark & G-k.i.d

NEVER / ちゃんみな

ここからRJHH Emikoのセレクトで、二曲続けてお聴きいただきます。その一曲目は、TENの「Calender Girl」という曲です。福島県伊達市、保原町出身。福島市にあるClub NEOを中心にCry's, Fly Highのメンバーとして活動。2012年より拠点を名古屋に移し、Pitch Odd Mansionの住人となり、福島から始まって名古屋、東京、沖縄など、各地でライヴ人生を送りながら様々な人間、音楽、ドラマに触れオリジナルを確立していきました。よく透るハイトーンでSonny boy性と懐の深さ、クールさとエモーションの惜しみないアウトプット、鋭さと甘さと一摘みのコミカルニュアンスと共に表現できる、ラッパーとしては贔屓(ひいき)目抜きでも特筆すべきMCといえます。先月、Flex Lounge名古屋で開催された「MADE YOU LOOK」#MYL_0518をRJHHがライブレポートしていて、RJHH日本語サイトの方でご覧いただくことができます。

世界のサッカーシーンや、実はg-funkに精通していたり、また話を伺える機会があったら色々聞いていきたいと思ったそうです。

Calender girlは、昨年12月リリースのアルバム『H-TOWN』収録曲です。Emikoによると、Clender girlの可愛らしいメロディーラインとは打って変わって、マニッシュなビート × 武器である声のスピットの曲だったり、POM住民Raitamenと相性の良いターンがメインストリームスケールのメロディーで堪能できる「Fuck Luv」も、ぜひ聴いてみてほしいとのこと。ソロ、コラボレーションと、これから発表されていく楽曲を追っていきたいと思います。

そのままお聴きいただくEmikoセレクトの二曲目は、RENZOとVictorの二人からなるユニットShowyの「三角社会」という曲。Showyの二人は、現在21歳。茨城で育って17歳から歌うこととビートを作り始めたそうです。現在は東京に移り住み、自分たちの楽曲制作のほか、ラッパーへのビート提供、映画や温泉のBGM制作等ビートメーカー、プロデューサーとして、さらには~ y-3 ・adidas ・ニューエラ ・スターター...等のモデルとしても活躍しています。

Acid Hiphopの解釈が独自の展開で、冒険するサウンド、構成のビートも秀逸。不思議と病みつきになるのだそう。それぞれに日本 × 異なるオリジンを持ち、複数の言語を操り、冒険のある展開や、独自の天然なのか仕様なのかわからないけれど兎に角これもまた中毒性のあるローカルイントネーションと言葉選び。ラップのフロウ × 歌部分はセンシュアルでアーバン、キマる(やる人がやっているから)コレオグラフィーといった表現力も抜群なのだそう。去年11月より公開されているMV「Money Is My Honey」や、今週ドロップされた「MidNight (Remix)」 ft. TYOSiNのMVも、チェックしてみる価値ありです。

現在は、来年1月に向けての3rd Mixtapeを制作中とのこと。Showyとして、同学年のBlaise、Showyの探求心の質、スピーディーな制作能力、何を何ミリどう動かせばかっこよく映えるのかを見分けるセンスに気が付いたアーティスト達とのコラボ等、進行中の作品も発表されていくようなので、今後も要注目なのだそう。彼らのSNS https://www.instagram.com/b.renzo.o/ https://www.instagram.com/vi_ctorr/ 等でもチェックしておくこと推奨だそうです。

今夜お聴きいただく「三角社会」は、今年4月リリースのEP『Session』収録曲で、同トラックでは、フレッシュな18才のラッパーPower DNAをフィーチャリング。Emikoにいわせると、ダウナーかと思いきや国境、惑星の大気圏さえ当然のように越境してしまうビート上で、実寸で起こる日常と無制限容量の大志が同スリングで配列された散文のようなリリックを3MCでターン。acidだしaddictiveで、chicなのだとか。

Calendar Girl / TEN

三角社会 / Showy feat power DNA

Tokyo Scene avec RJHH第29回もそろそろお別れのお時間ですが、もう一曲お付き合いください。冒頭でも触れましたが、今月の最終週には日本が世界に誇るDJ、DJ KEKKEとDJ BANJOの二人が来仏!パリのDJ Sonikemとコラボする複数のイベントが、Real Japanese Hiphopオーガナイズでパリの数か所で行われます。僕たちのサイトやSNSで、チェックしておいてくださいね。

今夜のTokyo Scene avec RJHHクローズには、日本語ラップの軌跡上外せないグランド・クラシックな、僕にとって、とても思い入れのあるアルバム『Egotopia』の12曲から一曲、「君の瞳に映る俺に乾杯 」をセレクトしました。1995年、RHYMESTERのアルバムですね。EAST END X YURI, ECD, M-Flo, スチャダラパー, キングギドラ, DJ Krush, MICROPHONE PAGER, BUDDHA BRAND… そのほかオールドスクールのスター達について、フランス語版で特集記事を上げています。RHYMESTERの「君の瞳に映るオレに乾杯」をお聴きいただきながら、今夜はお別れ。また来週、同じ曜日同じ時刻同じ周波数でお会いしましょう。この後もInterFM897と共に良い週末の夜をお過ごしください !

君の瞳に映るオレに乾杯 / RHYMESTER

---

6/21(金)8pm - 11pm

TOKYO SCENE

DJs: MC RYU, YonYon

メール: club@interfm.jp

ハッシュタグ: #TokyoScene

番組をradikoタイムフリーで聴く▼

http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20190621200000