The Real Music Station

Barakan Beat

Sun. 18:00 - 20:00
DJ: Peter Barakan
Mail
日曜の夜、ピーター・バラカンが深く愛する古今東西の音楽を徹底的にご紹介。
注目の新人、新譜、再発の楽曲や近日開催のおすすめライヴ、イヴェントの情報など音楽ファン必聴の2時間です。リクエストも随時受け付け中。そして時にはゲストをお迎えし、トーク&スタジオ・ライヴ・セッションもお楽しみいただけます。大好評「名盤片面」のコーナーもあります。
18:40 Music to stay home for

Playlist

May 01 2016

MusiacsearchReload
  • 18:02 "SOUTHSIDE SHUFFLE" J. GEILS BAND
  • 18:06 "SOUL POWER" JAMES BROWN
  • 18:13 "CALL MY NAME" PRINCE
  • 18:19 "WHEN DOVES CRY" CASSANDRA WILSON
  • 18:27 "PROVIDENCE" ANI DIFRANCO
  • 18:35 "CAN’T HIDE LOVE(LIVE AT THE JAZZ CAFE,LONDON)" D’ANGELO
  • 18:41 "CONSEQUENCE OF LOVE" GREGORY PORTER
  • 18:47 "WHAM!" LONNIE MACK
  • 18:51 "OREO COOKIE BLUES" LONNIE MACK FEAT. STEVIE RAY VAUGHAN
  • 18:57 "PULA, PULA (SALTO DE SAPATO)" CAETANO VELOSO
  • 19:03 "WE'RE STILL FRIENDS (LIVE AT THE UNION CHAPEL)" AMY WINEHOUSE
  • 19:13 "ISN'T SHE LOVELY" STEVIE WONDER
  • 19:16 "YOU'VE GOT A FRIEND(LIVE VERSION)" DONNY HATHAWAY
  • 19:19 "THAT'S THE WAY OF THE WORLD" STUFF
  • 19:26 "BRIDGE OVER TROUBLED WATER" ARETHA FRANKLIN
  • 19:37 "THE WIND CRIES MARY" JIMI HENDRIX
  • 19:41 "I SCARE MYSELF" DAN HICKS & HIS HOT LICKS
  • 19:52 "LONG AND WASTED YEARS" BOB DYLAN
  • 19:56 "MAMA" PAPA WEMBA

Program Blog

5月1日 (日)

Music to stay home for (2016春)①

期間限定コーナー「Music to stay home for」
第1回目となる今回、『Barakan Beat』では、
「春」に家で快適にすごすために聴きたくなる
Peter Barakanおすすめの音楽をご紹介します。

今週は
Dan Hicks and His Hot Licks / I Scare Myself

Dan Barbenel 新宿・渋谷 当選者
この取材の時に、ちょうどDan Hicksが亡くなったんですね。
そんな彼の<STRIKING IT RICH>というアルバムから選びました。

このすごいヴァイオリンは、Sid Page。

「君がいないと君のことをばかり考えて、自分でも怖くなってしまうぐら
い…君が戻ってくるとまた気持ちが落ち着くからね…
運命が僕たちを一緒にしたんだから、君もそれに早く気づいてほしい…」
というような歌詞です。

三菱地所ホーム ホームページはこちらからどうぞ。


Recent Entry


Playlist. May.1...

【平成28年熊本地震 義援レコードLive】...

世界最大級の寺社フェス「向源 in 日本橋」...

DJ Biography

Peter Barakan
1951年ロンドン生まれ。ロンドン大学日本語学科を卒業後、1974 年に音楽出版社の著作権業務に就くため来日。現在フリーのブロードキャスターとして活動。テレビやラジオのレギュラー多数。2013年5月、日本の放送文化の質的な向上を願い、優秀番組・個人・団体を顕彰する第50回ギャラクシー賞の「DJパーソナリティ賞」を受賞。 著書に『200CD+2 ピーター・バラカン選ブラック・ミュージック アフリカから世界へ』(学研)、『わが青春 のサウンドトラック』(ミュージック・マガジン)、『猿はマンキ、お金はマニ 日本人のための英語発音ルール』(NHK出版)、『 魂(ソウル)のゆくえ』(アルテスパフリッシング)、『ロックの英詞を読む』(集英社インターナショナル)、『ぼくが愛するロック名盤 240』(講談社+α文庫)、『ピーター・バラカン音楽日記』(集英社インターナショナル)、『ラジオのこちら側で』(岩波新書)などがある。またコンピレイションCD等の企画や監修も行っている。
http://peterbarakan.net
pagetop