アーカイブ

Music to stay home for (2016春)⑤

2016/05/29 / Category:AUDIO NOTE presents Kagura Power

 

期間限定コーナー「Music to stay home for」
第5回目となる今回も『Barakan Beat』では、
「春」に家で快適にすごすために聴きたくなる
Peter Barakanおすすめの音楽をご紹介します。

 

81C9KnoDOKL._SL1423_

第5回目はThe Chieftainsです。 僕が選曲した「The Best of The Chieftains」は2枚組で2012年に日本だけで発表されたアルバムです。 Chet Atkinsのギターがフィーチャーされていて、あの有名なElvis Presley「Heartbreak Hotel」が、元々アイルランドの曲に根ざしているということをアピールするためにメドレーで「Cliffs Of Moher」という曲と一緒にやっています。Moherというのはアイルランドの西部にあるところで、断崖は観光スポットにもなっています。僕もアイルランドに行った時に見に行ったんですけど、劇的な風景でした。

MHeartbreak Hotel/Cliffs Of Moher / The Chieftains w. Chet Atkins 

2枚組の中の1枚目はChieftainsの初期の曲を選曲していて、60年代から70年代ぐらいまでの選曲。2枚目の方は、80年代以降でほぼ全部コラボレーションの曲にしました。例えば、Van MorrisonやJulio Pereira & Kepa Junkera、Bonnie Raitt、Mark Knopflerなどなど 蒼々たるメンバーなのですが、今回はJerry Douglasで行きましょう。1回目のLIVE MAGICのヘッドライナーだった彼とChieftainsがメドレーで演奏している曲です。

M:Rosc Catha Na Mumhain/Arkansas Traveller/The Wild Irishman / The Chieftains w. Jerry Douglas

 

The Chieftainsの「The Best of The Chieftains」を
今回のMusic to stay home forでは取り上げました。

三菱地所ホーム ホームページはこちらからどうぞ。