第139回LOVE ON MUSIC

2017-12-05 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC、11月の締めのゲストは活動20周年を迎えた平岡恵子さん。そうです、かつては、桃乃美琴さんの名前で活動してましたよね!
DSC_0152

番組初登場でしたが、MC二人を食う爆笑トークの連発。
特に旦那さんである名越由紀夫さんをハンダさんと呼ぶ当たりはもう抱腹絶倒でした。

そして、セッション。
1曲目は桃乃美琴時代の名曲にして神曲「あなたは海の底」。
この自体が持つエネルギーがすごいので、そこに平岡さんのものすごい歌声が乗り、完全に神がかっておりました。
DSC_0122
DSC_0119
こんなすごいスタジオライブ、正直初でした。

そしてもう1曲のシアターブルックの「まばたき」でも平岡さんのコーラスが爆発。
歌ってこんなにもすごいんだということを改めて実感したのでした。
DSC_0162

こんなすごい、人、また直ぐにでも番組にきてほしいです。

そうそう、平岡さん、今週ライヴがあります。
11月29日、「平岡恵子芸歴20周年祭〜11.29は桃乃未琴に会いに行こう〜」
@下北沢のCLUB251

ぜひ、ライヴ観てきてください。

で、最後に3人でパチリ。
DSC_0104

と、この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。
「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。
今回は「TOKYO AIDS WEEKS2017」を紹介しました。
紹介して下さったのは 日本HIV陽性者ネットワーク・ジャパンプラスの桜井啓介さん。
桜井さんのお話が平易で面白く、勉強になったし、いろんなことに気が付かされました。

桜井さんもHIV陽性なんですが、桜井さんに接する多くの方が、「発症を知って、どれくらい落ち込みました?」と、悲劇の設定なんだそうです。
でも、桜井さん自身は、お話を聞いてわかる通り、病気は薬で抑えているし、ごくごく普通に人生を楽しんでいるんです。
そして、紹介してくださった「TOKYO AIDS WEEKS2017」も楽しい催し物が満載。
そうなですよね、生きていくことは楽しいので、その楽しさを伝えていくべきなんですよね。
これ、大事です。

来週も桜井さん登場します。

3人でパチリ。
_MG_8985

第138回LOVE ON MUSIC

2017-12-05 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC 11月の締めのゲストはシアターブルックの鍵盤でもあるエマーソン北村さんでした。
_MG_8903

それにしても、エマーソンさんならではのほっこりした音とトーク。
師走に向けてのこの時期に最高に心緩む時間となりましたね♪
_MG_8914
_MG_8898

タイジさんとエマーソンさんって、なんか真逆なイメージなんですが、この二人の相性ってばっちりですよね。
これが音楽の深いところなのか、タイジさんエマーソンさんの深いところなのか・・・
答えがどちらでもそのサウンドが気持ちいいことには変わりはないので、考えずにと音を楽しみます♪

最後は3人でパチリ。
_MG_8958

エマーソンさん、また遊びに来てくださいね。

と、今度ワインを飲みに行く約束をしたのでした。

この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。
「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。
今回も日本HIV陽性者ネットワーク・ジャパンプラスの桜井啓介さんをお越しいただき、「TOKYO AIDS WEEKS2017」を紹介しました。

今回も桜井さんのお話が楽しかったですね。

で、実は先週の番組OAを聞いた僕の友人が、「TOKYO AIDS WEEKS2017」に行ってきたそうです。
とても有意義なイベントだったと。
ただ、決して満員ではなかったそうです。

で、いつも思います。
既にAIDSについて興味をもってくださっている方はこうしたイベントに足を運んでくれます。
問題は、AIDSのことなんて、まったく自分には関係ないと思っている方々にどうやったら、少しでも興味をもってもらえるかです。

でも、その活動の中心に桜井さんのような方がいるので、その輪は確実に広がってゆくんだろと思えるのです。

それでも、広がってゆくにはみなさんの力も必要です。

この番組を聴いてくださっている方々、さらなる情報拡散に向けてお力添えお願いいたします。

_MG_8923

第138回ゲストはエマーソン北村

2017-11-17 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC11月18日(土)のゲストはエマーソン北村!
シアターブルックのキーボーディストが登場!
お楽しみに!

DOAAHS3V4AAtcB2

第137回LOVE ON MUSIC

2017-11-15 / Category:Entry

11月11日のLOVE ON MUSIC、ゲストはNONA REEVES 。
今回はメンバー全員で来てくれました。
で、念のため、メンバー紹介。
先ずは、番組は2度目の出演、そして今やカセットDJの一人者でもある、ヴォーカル・西寺郷太さん。
_MG_8677

そして、様々なアーティストとのセッションも重ねているギター・奥田健介さん。
_MG_8706

佐野元春さんのTHE COYOTE BANDでもお馴染みのドラム・小松シゲルさん。
_MG_8768

互いにファンクをルーツを持つ、タイジさんとNONA REEVESだけに本番前のサウンド・チェックの段階から息もぴったり。
_Y6A4086

そして、本番。
まずはトーク。
トークでは今年初出場を果たしてくれた中津川THE SOLAR BUDOKAN2017の事や、  今年メジャー・デビュー20周年でリリースされたニューアルバム『MISSION』のことなどを伺いつつ、ちょいちょいの爆笑なのでした!
_MG_8788
_MG_8799

そして、初のタイジ&NONA REEVESのセッション本番。
先ずはプリンスのカヴァーで「I WANNA BE YOUR LOVER」。
_MG_8658
_MG_8675
_MG_8688
_MG_8697
ヤバい、ヤバすぎました。

そして  のニュー・アルバム『MISSION』から「未知なるファンク」。
_MG_8750
_MG_8751

これぞ、日本のファンクの最前線!

これ、ライヴで共演して続きをやって欲しいです!
良い音楽を聴くと、もっと欲しいと言う〝欲″が出ますね。
否、欲でなく、音楽への愛が深まりすね。

NONA REEVESのみなさん、ありがとうございました!
で、最後にみんなでパチリ。
_MG_8822

来週のLOVE ON MUSICもお楽しみに♪

第136回LOVE ON MUSIC

2017-11-15 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC、11月最初のゲストはギターリストの田中義人さん!
DSC_0605

番組でご本人が語っていた通り、義人さんは局部性・ジストニアという難病にかかり、ギターが弾けなくなり、去年、大変な手術をしました・・・。
が、手術後、アルペジオすら弾けない状態になり、絶望の淵に立たされましたが、音楽仲間に支えられリハビリに励み、文字通り奇跡の復活です。
DSC_0611
※闘病の詳しい模様は義人さんのブログにあります。
第1話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318505801.html

第2話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318507861.html

第3話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318511755.html

第4話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318512076.html

第5話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318512199.html

第6話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318512301.html

第7話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318512654.html

第8話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318513102.html

第9話
https://ameblo.jp/yoshitotanaka/entry-12318514082.html
本番前にタイジさんとセッションのリハ。
この時から奇跡の予感はしていました。
DSC_0591
DSC_0585

そして、セッション。
本当に奇跡のような時間でした。
先ずは義人さんの復活を祝うこの曲。
クール&ザ・ギャング「CELEBRATION」
DSC_0597

こんなにも全力で、楽しそうに、幸せそうに、ギターを弾く人達を本当に初めてのように見ました。
そしてたった二人なのに最高のグル―ヴ♪♪
これはタイジさんと義人さんの心の共振なんでしょうね!
DSC_0596
そして、もう1曲は義人さんのセレクトで二―ナ・シモンの「I WISH I KNEW HOW IT WOULD FEEL TO BE FREE」。

一音一音に魂を込めて弾く義人さん。
この日、義人さんはエフェクターを使っていなかったのですが、素のギターの音だけで、こんなにもギターの音は豊になるんだなぁと。
義人さんにとってギターは心と身体の一部なんですね。
DSC_0598
DSC_0594

演奏後のトークでは、タイジさんから「義人、次は歌うのがええよ」と。
僕もそう思います。義人さんにしか届けられない言葉や歌があるはずで、それを待っている人がいるはずですから。
DSC_0610

この日の演奏を聞いて、誰の言葉か忘れましたが、こんな言葉を思い出しました。

才能とは孤独に耐える力のこと
才能とは夢を見続ける力のこと

そうそう義人さん、ライブも再開しますので、是非、生でこのギターを体感してください♪
※年明けのbirdさんのギターリストとしてツアーに参加します。
bird「bird LIVE ! 2018」

2018年1月22日(月)東京都 Billboard Live TOKYO
[1回目]OPEN 17:30 / START 19:00
[2回目]OPEN 20:45 / START 21:30

2018年2月19日(月)大阪府 Billboard Live OSAKA
[1回目]OPEN 17:30 / START 18:30
[2回目]OPEN 20:30 / START 21:30

ラストは3人でパチリ
DSC_0583

さて、次のゲストはNONA REEVES!
メンバー3人全員で来てくれます!
セッション、楽しみ☆彡

第134回LOVE ON MUSIC

2017-11-09 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC 10月21日のゲストはORESKABANDからiCasさん
_MG_8369
と、ADDさん
_MG_8376

女性二人、しかもタイジさんとiCasさんはインディーズ電力のバンド・メイト。
ADDさんはDAVE FROMM SHOWのヘビーリスナーということで、トークは弾けまくりました!
_MG_8603

で、セッションは2曲。
爆発してくれました!
_MG_8416
_MG_8525

_MG_8576

と、この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。
「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。
今回はゲストにラブヘルスカウンセラーの小室友里さんをお迎えしました。
そうなんです。小室さんは90年代にAV女優としてAVの一時代を築いた方。
で、その経験とカウンセラーの資格をとったことを活かして、現在はセックスや性に関するカウンセリングをしているとのこと。
まだエイズに関しての相談はないそうですが、性感染症に関する相談はもちろんあるそうです。
で、その予防はこの番組でも何度でも触れてきたコンドームの使用ですね。
コンドームをすることを断る男には愛はないと、小室先生。
そして、もう1つの名言。
「動くな!」。
聴いてない方、意味わかりますか?
男性器で大事なのは大きさとかではなく、フィット感とのこと。
そのフィット感を出すには挿入後、直ぐに動かないことが大事なんだそうです。
少し抱きしめ合っていると、女性器と男性器がフィットして満足したセックスが出きるんだそうです。
こうしたことも含め、性に対しての知識が日本では欠如しすぎています。
HIV/エイズが減らないのも、この知識の欠如が大きな原因。
ひとりよがりの知識はやめて、わからないことは専門家にしっかり相談してください。
DSC_0579

第136回ゲストは田中義人

2017-10-31 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC11月4日(土)のゲストは田中義人!
難病から復活した田中義人の音を是非お聞きください!

o128012801424995147345

第135回LOVE ON MUSIC

2017-10-31 / Category:Entry

LOVE ON MUSIC 10月の〆のゲストは土岐麻子さん。
DSC_0554

圧倒的に素敵な方です。
野郎ばかりのスタッフのテンションも自然にあがります。

まずはトーク。
が、これがお酒の話なども飛び出し爆笑だったりしました!
DSC_0575

そして、セッションは2曲。
先ずはタイジさんも大好きだという「GIFT~あなたはマドンナ~」
DSC_0551

そして、「BEAUTIFUL DAY」
DSC_0539

土岐さんの歌声で心が確実に温まりましたね。
良い歌は心に効くのでした。

この日は番組後半に鳥居薬品 presents 「Messenger」のコーナーをお送りしました。
「Messenger」はHIV/エイズについて、リスナーの皆さんとしっかりと考えて行こう!というコーナーです。
今回も先週に続きラブヘルスカウンセラーの小室友里さんをお迎えしました。
小室さんと言えば90年代にAV女優としてAVの一時代を築いた方。
で、その経験とカウンセラーの資格をとったことを活かして、現在はセックスや性に関するカウンセリングをしているとのこと。
ただ、AV出身ということで、差別も多いそうなんです。
これほど性の最前線にいた方はいないので、もっといろんなところで、レクチャーをするのには最適なはずですが、AV出身ということで閉ざされてしまう門もあるそうです。
こういう日本人の性に関する差別がHIV/エイズ問題に関しても同様にあり、それがHIV/エイズの予防、キャリアーの方への差別と繋がっている気がします。

みんな私達の仲間なのです。
その仲間がHIV/エイズに感染したら、はじき出すのではなく、守ってあげるのが当然です。
でも、それが出来ない。
その原因の1つか知識の欠如です。
でもそれだけではありません。
人にある差別意識。
でも、自分の仲間のことを想像できない差別意識というのは、感情の劣化だと思ってしまうのは僕だけでしょうか?

小室さんの発言から様々なことを学ばせて頂きました。
ありがとうございました!
DSC_0582

さて、来週のLOVE ON MUSICのゲストは田中義人さん!
この回、どうしても聴いて欲しいのです!!

第133回LOVE ON MUSIC

2017-10-24 / Category:Entry

急に寒くなりましたね・・・。
が、10月14日のLOVE ON MUSICはこの方をお迎えして熱いトークと、熱いビート&グルーヴのセッションをお送りしました。
そうゲストは・・・辻コースケさん!!!
_MG_8224

タイジさんとはモジャモジャ名コンビ。
最高のセッションは2曲。
先ずは「生理的最高」
_MG_8200
_MG_8229

そして「太陽の落とし子」。
_MG_8286
本番前のサウンドチェックのみでいきなりこんな素晴らしいセッションが爆発するとは・・・。
凄いとしか言いようがありません。

さて、トークでは、今年の中津川THE SOLAR BUDOKANの目玉であった吉田美奈子さんの出演までの秘話が公開されました!
_MG_8311
なんと、辻さんの結婚式に美奈子さんが出演し、同じく式に出席していた森俊之さんが一緒に演奏したのが、全ての始まりだったわけです!

つまりこの方・辻コースケさんが女神だったわけです。
そう、人を髪型で判断してはイケないのです!!(何のコッチャ!?)

更に、パーカッションという楽器の受難についても激白してくれました。
辻さん曰く、ライヴ中に酔ったミュージシャンがステージに上がってきて、勝手にパーカッションを叩かれたことが何度かあるそうです。
叩いた方の気持ちもわからなくないですが・・・
で、辻さんどうしたかと言うと、楽器で見えないところで蹴ったそうです!
まぁこれも当り前ですね笑

で、最後は3人でパチリ。
ステージに上がってパーカッションを叩くとこの蹴りが飛ぶぞ!でパチリ。
_MG_8328

そしてタイジさんが選挙に向けて、大いに語りました。
琴線に触れました。

pagetop