月別アーカイブ: 2015年4月

4月25日(土)第4回・LOVE ONセッション後記 by ジョー横溝

2015-04-26 / Category:Entry

早いもので4月も終わり。
4月最終週のゲストはナチュラル業界の福山雅治ことCaravanさん。
そしてこちらはナチュラル業界のブルーザー・ブロディこと佐藤タイジさんがホストでゲストを迎えセッションを繰り広げる番組。
まるで兄弟のようなナチュラル業界ブラザーズ(?)のお二人のセッション、息、ピッタリだったりだったなぁ。

Caravan Session

ところで、僕はCaravanさんのことを<音楽界のスナフキン>と呼んでいます。
スナフキンは釣り竿1本で世界を自由に旅し、蘊蓄を述べています。
南米ベネズエラ生まれのCaravanさんも竿(ギター)1本をかつぎ世界を旅し、
蘊蓄の代わりに素晴らしい歌を奏でています。
そして、スナフキンもCaravanさんにもいつも風を感じます。

タイジさんとCaravanさんのセッションにも風を感じました。
スタジオの中でのセッションでしたが風を感じました。

僕の大好きな劇作家・鴻上尚史さんは「演劇とは風に記された文字である」と言っていました。
今回の二人のセッションは2曲。
「ONLY LOVE CAN BREAK YOUR HEART」
「FREE BYRD」
二人のこのセッションを聴いていて僕はこう想いました。
「音楽とは風に記された愛である」と。

Caravan session2

さて次週のゲストはBirdさん。
どんなセッションになるかお楽しみに。

第4回ゲストはCaravan! 4月25日(土)22:00〜

2015-04-21 / Category:Entry

佐藤タイジ(シアターブルック)が、毎回ゲストをお迎えして、この番組でしか聴けない貴重なセッションをお送りする「Love On Music」

第4回はゲストにCaravanをお迎えします。

caravan_artist photo

まるで兄弟の様に息がピッタリな2人。どんなSPECIAL LIVEになるか、、

4/25(土)22:00〜
乞うご期待!

4月18日(土)第3回・LOVE ONセッション後記 by ジョー横溝

2015-04-20 / Category:Entry

4月から始まったこの番組。
3回目の放送は初生放送。
そして番組の目玉、タイジさんとセッションを繰り広げてくれたゲストはSOIL&”PIMP”SESSIONSの元晴さん(SAX)とタブ・ゾンビさん(TP)のホーンセクションズ。
この二人はシアターブルックと既に何度か共演しているだけに、生放送でのセッションも何の心配もなし!と思っていたのですが…。
元晴さんがライブ会場から駆けつけてくれて、スタジオ入りをしたのが、生放送開始10分前。
3人揃ってのリハは7分程度。
つまりサウンドチェック程度で迎えた生放送でのセッション…。
でも最初の一音が発せされた瞬間から鳥肌もののセッションが繰りひろげられました。

セッション1曲目は「One Fine Morning」。
スタジオの外に居たスタッフ、関係者達がいつの間にか踊っているのがガラス越しに見えます。
こんな濃厚・濃密でファンキーで愛に溢れた音楽に接して身体が反応しないはずはありません。
当然のように、曲が終わるとスタジオ内はアンコールムード!
そしてスタジオ内に居た女性スタッフの「おかわりちょうだい♥」の言葉を合図に2曲目
「世界で一番SEXYな一日」のセッションがスタート。
じつはこの曲の演奏中のタイジさんと何度か目があったのですが、タイジさん、満面の笑顔。
でもそれは演奏する側だけじゃなく、このライブセッションを聴いた全ての人がハッピーだったと思うんです。

だから…。
<音楽は人の心を変えられても、音楽で世界は変えられない>というのは違うんだと思います。
もし世界に本当の音楽が溢れていたら、みんなが笑顔になり、みんなが優しくなり、みんなが強くなり、世界は変わるんだと思うんです。
だって世界は僕らでしかないのだから。
タイジさん、元晴さん、タブさん、素晴らしい、そして本物の音楽をありがとう。

えっ!?おかわり?
もちろんこのお二方、いつかまたスタジオに呼んじゃいたいなぁと思っています。

リサイズ SOILDSC_0665

さて来週のゲストはCaravanさん。
タイジさんとCaravanさんのセッションで優しい風がスタジオに吹く予感が今からしています。
お楽しみに。

第3回ゲストはタブゾンビ&元晴(SOIL&“PIMP”SESSIONS)! 4月18日(土)22:00〜

2015-04-17 / Category:Entry

佐藤タイジ(シアターブルック)が、毎回ゲストをお迎えして、この番組でしか聴けない貴重なセッションをお送りする「Love On Music」

第3回は、SOIL&“PIMP”SESSIONSからタブゾンビ&元晴
の2人をお迎えします。

タブゾンビ 元晴引き

佐藤タイジのギターとSOILのホーンズのFUNKYセッション!

スタジオはソウルフルでノリノリになる事 間違い無しデス!
お聞き逃しなく☆

4月11日(土)第2回・LOVE ONセッション後記 by ジョー横溝

2015-04-11 / Category:Entry

「Love On Music」2回目のゲストは憂歌団のギタリストであり日本のブルースレジェンド内田勘太郎さん。

DSC_0418

 

本番30分ほど前にスタジオに現れた勘太郎さん。

極々簡単な挨拶を済ませるとタイジさんに故郷のことを尋ねて始めました。

タイジさんの故郷は徳島。海の恩恵を沢山受けている土地です。

一方、勘太郎さんは沖縄に移住して20年以上。海の恩恵を受けて日日を過ごしています。

そんな二人は、本番前のしばしの間、海や海の恩恵について語り合っていました。

 

そして、本番へ。

どんなセッションが始まるのかワクワクしていると勘太郎さんが、サラサラと短い詩を書き、タイジさんに渡しました。

それは、先ほど二人で話した海や故郷のことをベースにした短い詩でした。

「タイジ君、これをベースにあとは適当に膨らませて」と勘太郎さん。

了解!と笑顔で答えるタイジさん。

そしてぶっつけ本番で始まったセッション。

曲も詩も本当に即興です。

タイジさんは勘太郎さんから渡された詩をベースにあとは本能というか身体に沁み込んでいる言葉を紡ぎ足しました。

曲も最初のキ―だけを決めてあとは二人の想いが音楽を奏でて行きました。

こうして放送された「水の星」という曲が生まれたのでした。

だから、あの曲はもう存在しません。

あの放送1度限りの奇跡です。

「水の星」は、あの曲が流れた空気の中と僕らの記憶の中だけ記されています。

それはある意味儚いとも言えます。

でも、僕には逆に永遠とも感じました。

それはまるで故郷という存在と同じようでした。

 

それにしても素晴らしいセッションだったなぁ。

勘太郎さんは、今年の中津川THE SOLAR BUDOKANに憂歌兄弟で出演してくれます。もしやまた勘太郎&タイジさんの奇跡が起こるかも。

DSC_0420

さて、次週4/18のゲストはSOIL&”PIMP”SESSIONSの元晴さんとタブゾンビさん。

生放送でセッションします☆彡