NEWS

宝石産業を支える職人への想い『若い職人のステージを作るのが僕の仕事...』

番組から
2019/06/09

6/9(日)のゲストは、音楽プロデューサーでベーシストの亀田誠治さんからトーチを受け取った、ジュエリー制作の株式会社「B.L.S.」代表取締役社長、渡辺堅さんです。

■まずは、「B.L.S.」という会社が、どんな会社なのか教えてください。

ジュエリーの製造卸の会社でデザインから製造まで、すべてを会社で担っています。それを小売チェーン店に卸売りをしています。

■プロフィールを拝見すると、山梨県立宝石美術専門学校卒業とありますが、昔から、宝石に興味があったんですか?

私は実はホテルマンになりたかったんですけど、勉強していくうちに、ちょっと違うなと感じていました。その時に父に宝石産業を勧められました。最初は「宝石?」って思ったんですけど、いざ勉強してみるとどっぷりハマりました。今でも宝石は大好きです!

■「B.L.S.」創業のきっかけはなんですか?

もともと職人のほうだったんですけど、バブルが崩壊して職人は将来厳しくなると感じました。日本の職人を増やしたい、後継者を作りたいという思いで設立しました。手作業じゃないとできない技術って絶対あるんです。

■渡辺さんは、ジュエリーの制作を通して、どんなことを表現したい、感じてほしいと思っていますか?

職人を育てることと、この会社をブランド化して世界的に広げていくことが創業当時からの目標です。

『B.L.S.』ホームページは、こちら

---

6/9(日)7am - 8am

TALKIN' ON SUNDAY

DJ: 古家正亨

メール: tos@interfm.jp

ハッシュタグ: #トーク日曜

番組をradikoタイムフリーで聴く▼

http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20190609070000