NEWS

5/31(金) TOKYO SCENE avec RJHH

REAL JP HIPHOP
2019/05/31

Bonsoir. こんばんは東京、日本のみなさん。Real Japanese Hiphopのロジェです。InterFM897 Tokyo Scene avec Real Japanese Hiphop、今夜は、第26回の放送となります。日本のアーティストのパリ公演ライブパーティー、日本語サイトの開設、紙媒体ローンチ、RJHHスタッフ訪日等、怒とうの半年でしたが、皆さんのご協力のおかげでなんとか実現に至っています。6月にもパリでのイベント、DJ Kekke, DJ BanjoやEvisbeatsのパリ公演等、楽しみが目白押しです。僕とEmikoの日本滞在中の模様もサイトやSNSで公開していっていますので、どうぞチェックしてみてくださいね。

今夜のOP曲は「NNJAS IN PARIS」Real Japanese Hip HopオーガナイズでSonikem × Ish-oneとAranの曲です。今年一月末にパリのど真ん中に位置するヒップホップセンターLaPlaceで行われたReal Japanese Hiphop主催RJHH LIVE PARTYでパリに来てくれた際、できた曲です。Ish-oneはヒップホップシーンを盛り上げてきたキーパーソンの一人で、アーティストファイルやインタビューは僕たちのフランス版サイトで公開しています。Aranは横浜を拠点に全国に活動を拡げている注目ラッパーで、上述の公演でもその実力とポテンシャルを見せつけてくれました。DJ Sonikemはパリのあらゆるタッパの箱を毎回満員にできるDJです。同局のビデオクリップは、僕たちの日仏サイトで公開しています。

それでは「NINJAS IN PARIS」でTokyo Scene avec Real Japanese Hiphop 第26回スタート!

NINJAS IN PARIS / RJHH – Sonikem feat. Ish One, Aran 

ここから二曲続けてお聴きいただきます。一曲目はラッパーBupponの「Time 2 Quiet」で、Chilly SourceのIllmore全プロデュース、アルバム『enDroll』収録曲です。エグゼクティブプロデューサーはKojoeという、Illmoreが全国進出する以前からの堅い信頼関係で結ばれている三人による新作です。Bupponといえば「187」や「Waters Bars」のMVもよかったです。Illmoreは、DJ Kroも参加してくれたRJHH独占ビデオインタビューも僕たちのYouTubeチャンネルで公開しています。KojoeはBIG JOEとのプロジェクトもリリースが衆望を集めており、目が離せません。「Today It’s Alright」のMVもチェックしておいてください。 

そのままお聴きいただくのはRJHHメンバーEmikoセレクトでC&Kの「空気」、2019年3月リリースのアルバム『TEN』収録曲です。

C&Kは栃木出身、超カストラートばりのハイトーンボイスで有名なCLIEVYと、マニッシュ且つシルキーな歌声を持つ鹿児島出身のKeenによるDuoで、大学時代に結成。2008年に『九州男』プロジェクトのシングル「1/6000000000 feat. C&K」への参加でデビュー。

ディスコ、ファンク、ソウル、レゲエなどのブラックミュージックから、フォークや1980年代の歌謡曲まで幅広いジャンルを二人の感性でミクスチャーにした、「JAM」(ジャム)と呼ぶ音楽スタイルを確立中。自らをあらゆるカルチャー(音楽、ファッション、お笑い、他)のジャンルの垣根をぶち壊す「ジャンルバスターズ」とネーミングもしています。

Time 2 Quit / Buppon Prod. by Illmore 

空気 / C&K

さらに二曲続けてお聴きいただきますが、その一曲目、3MC : Omen44, Nipps, Vikn feat. Hiro-a-keyによる「Legend」、こちらもEmiko セレクト、今月8日にThe Plug Internationalレーベルよりリリースされた、『25:17』というアルバム収録曲です。同アルバムは、来月26日に12インチヴァイナルでも発売予定になっています。

Omen44、Nipps (BUDDHA BRAND)、Vikn (TETRAD THE GANG OF FOUR)の3人はNYで出会い、Statik Selektahとのコラボをきっかけに国際的にも存在を知られるようになりました。2016年、NYライブでの盛況をきっかけに3MCのユニットを始動しています。

アルバム『25:17』では、Simi LabのMaria, Bad HopのYzerr、OjikiCQ dem Akame nous tatsuma, SKY-HI, SALU, HUNGER, Ja Mezz Moment Joonといったオーバーグラウンドでも活躍する、ヒップホップシーン主役達とアンダーグラウンド・ヒップホップサウンドとの交流がみせる独特の濃度とディメンションを生んで、CDショップのヒップホップコーナーでも話題となっています。

Hiro-a-keyは、mabanuaやOvallも所属するレーベル、Origami productionsのアーティストで、幼少期をNY、LAで過ごし、マーチングバンドではアルトサックスを担当。本場のビッグバンドやUSヒップホップの影響を受けて育った、日米バイリンガルヴォーカリストです。今夜かかる「Legend」では、モロ男声3MCの低いヒップホップゾーンとソフトで軽やかなファルセットとハイトーンボイスがメローなメロディーの層の相乗で、結果、グラムール且つOutKastにも通ずるユーモア・ニュアンスを聴き取れる曲に仕上がっています。

「Legend」の後は、僕の選曲に戻ってLunv Loyal feat. ゆるふわギャング, Yuskey Carter & Elle Teresaの「All My Friends」をお聴きいただきます。この曲は昨年発表されたEP『New World Order』収録曲です。2017年のクラシックアルバム、ゆるふわギャングの『MARS I CE HOUSE』唯一の客演アーティストとして突如シーンに現れ、WOOFIN'の選ぶFreshmanへの選出等で知られながら"未知"の存在だったLunv Loyalは、TEAM REPRESENT ENT.所属のラッパーで、「MARS ICE HOUSE」唯一の客演アーティストとして突如シーンに現れ、配信EP4タイトルを立て続けにリリース。その後、2018年12月、満を持してソロEP『New World Order』をリリース。秋田県出身でロックに目覚めながらラッパーSEEDAに衝撃を受け、日本やUSラップの洗礼を受けます。中央でも活躍しながら、故郷秋田の要素を取り入れた楽曲制作やライブを行い、その独自のスタイルは必聴・必見。

正規ヒップホップ~エレクトロトラップ~複数のジャンルを、Lunv Loyalのスタイルに自在に軽やかに取り込むことのできる要注目アーティストです。僕たちのフランス語版サイトで「All my friends」と「New world Order」のMVレビューを上げています。

Legend / Nipps x Vkn x Omen44 feat. Hiro-a-key

All My Friends / Lunv Loyal feat. ゆるふわギャング, Yuskey Carter & Elle Teresa

Tokyo Scene avec Real Japanese Hip Hop、今週の放送はそろそろクローズの時間ですがもう一曲どうぞお付き合いください。

今夜締めの曲はZeus N' LostFace feat. YOUNG JUJU and IOの「Someday」。ZESUSは世田谷区三軒茶屋出身で、2007年、19歳の時にファーストアルバム『GRAND SLAM』を世に打ち出した生粋のリリシスト。同作がストリート流通ながらコアな注目を集めたのとほぼ時を同じく、仲間とHOOD STORY RECORDS(フッドストーリーレコード)を設立するなど、活動の足場を築いてきました。KANDYTOWNのYOUNG JUJUとIOを迎えた「Someday」は、Zeusとクリエイティブ集団BCDMGのグルーヴマスターLostFaceがタッグを組んで、2017年の名盤となったEP「Scramble」の中でも僕が一番気に入っている収録曲。ZeusとLostFaceの相性抜群の共作に、更に今の世代の息吹が加わった躍動感に満ちています。では、「Someday」を聴きながら、お別れの挨拶。このあともInterFM897でよい週末の夜をお過ごしください。また来週!

Someday / Zeus N' LostFace feat. YOUNG JUJU and IO

---

5/31(金)8pm - 11pm

TOKYO SCENE

DJs: MC RYU, Maika Loubté 

メール: club@interfm.jp

ハッシュタグ: #TokyoScene

番組をradikoタイムフリーで聴く▼

http://radiko.jp/share/?sid=INT&t=20190531200000