NOW ON AIR
27:00-28:59
NO DJ

NEWS

食中毒に注意しましょう/郷土歴史館特別展「江戸の武家屋敷-政治・生活・文化の舞台-

Minato Voice
2021/06/15

気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけて、食中毒の原因となる細菌が増えやすくなります。家庭内での食中毒防止のために、次の3原則を守りましょう。

(1) つけない

調理を始める前、調理中でもこまめに手洗いをしましょう。特に、肉や魚に触れた後は要注意です。また、包丁やまな板などを使用した後は、しっかり洗浄し、熱湯や塩素系漂白剤で殺菌しましょう。

(2)増やさない

購入した食品は、すぐに冷蔵保管しましょう。保管の温度の目安は10度以下です。また、冷凍した食品を解凍する場合は、冷蔵庫や電子レンジを使いましょう。常温で長時間食品を放置しないでください。

(3) やっつける

食中毒の原因となる細菌やウイルスの多くは熱に弱く、加熱調理をすることで死滅します。食品は中心部まで充分に加熱しましょう。


食中毒予防の3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」で、夏場の食中毒を予防しましょう。

担当は、みなと保健所 生活衛生課食品安全推進担当です。

---

今、港区立郷土歴史館では、江戸の武家屋敷をテーマに特別展を開催しています。

現在の港区にあたる地域には数多くの武家屋敷が建てられました。

特別展では、古文書や絵画、考古資料などから、武家屋敷のさまざまな側面を紹介しています。

特別展の開催は、7月18日(日曜日)までです。

時間は、午前9時~午後5時まで、土曜日は午後8時まで開催しています。

会場は、港区立郷土歴史館特別展示室、住所は港区白金台4-6-2です。

費用は、特別展のみの観覧料が、大人400円、小・中学生・高校生200円で、常設展とのセット券が、大人600円、小・中学生・高校生200円です。

なお、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況によっては、中止となる場合がございます。

詳しくは、港区立郷土歴史館のホームページをご覧ください。


-----

(Audio) 2020年6月15日放送「食中毒に注意しましょう/郷土歴史館特別展「江戸の武家屋敷-政治・生活・文化の舞台-」