NEWS

食中毒に注意しましょう。/多言語情報コーナーのお知らせ

Minato Voice
2019/06/18

気温や湿度が高くなる梅雨から夏にかけて、食中毒の原因となる細菌が増えやすくなり、毎年食中毒が発生しています。

家庭内での食中毒防止のために、次の原則を守りましょう。

1 手洗い

手には見えない汚れや細菌がたくさん付いています。調理を始める前、調理中でもこまめに手洗いをしましょう。特に、生の肉や魚に触れた後は要注意です。また、包丁やまな板などを使用した後は、しっかり洗浄し、熱湯や塩素系漂白剤を使用して殺菌し、乾燥してから保管しましょう。

2 細菌の増加を防ぐ

購入した食品は、すぐに冷蔵庫に保管しましょう。保管の温度の目安は10℃以下です。冷蔵庫の中に食品を詰めすぎると、冷蔵庫内の温度が上昇します。冷蔵庫内を整理整頓し、なるべく早く使い切るようにしましょう。冷凍した食品を解凍する場合は、冷蔵庫や電子レンジを使います。常温で、長時間食品を放置しないでください。

3.加熱する

食中毒の原因となる細菌やウイルスの多くは熱に弱く、加熱調理をすることで死滅します。食品は、中心部まで充分に加熱しましょう。食中毒予防3原則「つけない」「増やさない」「やっつける」で、夏場の食中毒を予防しましょう。担当は、みなと保健所 生活衛生課です。

---

港区では、さまざまな制度や事業、施設等について、多言語でパンフレット等を作成しています。これらの情報を一か所に集めて、一度に閲覧・入手できるよう、多言語情報コーナーを設置しています。対応言語は 英語、ハングル、中国語です。資料によっては、対応していない言語があります。設置場所は、芝地区総合支所と、港区役所3階304窓口前です。

 お問い合わせは、港区役所 地域振興課 国際化推進係 電話番号 03-3578-2303、または、03-3578-2308 までお願いします。

-----

(Audio) 2019年6月18日放送「食中毒に注意しましょう。/多言語情報コーナーのお知らせ」